ひなたのお仕事

費用について

相談料 …… 30分、5250円(税込み)
*日本司法支援センター(法テラス)を使って、無料相談が可能な場合がありますので、
 まずはお気軽にご連絡ください。

民事・家事事件

1.着手金

業務着手時にいただく金額になります。
請求する額(被告の場合には請求されている額)により変動があります。
着手金の額は原則的に以下の基準で決めています。
*事件の難易や依頼者の経済状態によって増減できる場合があります。
     300万円以下の部分          …8%
     300万円を越え3000万円以下の部分 …5%
     3000万円を越え3億円の部分     …3%
     3億円を越える部分           …2%

例)貸した3500万円の返済を求める訴訟を起こして欲しいという場合
着手金…174万円
【計算式】300万×8%+(3000万-300万)×5%+(3500-3000万)×3%=174万円

2.報酬金

業務終了後に、依頼者が得た経済的利益を基準として報酬金をいただくことになります(敗訴等経済的利益が無い場合には報酬金は発生しません)。
  得られた経済的利益の額によって変動します。
  報酬金の学派原則的に以下の基準で決めています。
*事件の難易や依頼者の経済状態によって増減できる場合があります。
     300万円以下の部分          …16%
     300万円を越え3000万円以下の部分 …10%
     3000万円を越え3億円の部分     … 6%
     3億円を越える部分           … 4%

3.その他

書面作成のみにとどまる場合等上記のような基準ではなく、手数料として費用がかかる場合もあります。
また、複数の手続きにまたがる場合等には上記の基準ではなく、金額を調整することもできます。
家事調停等では、報酬金をいただかずに着手金のみで対応する場合もございます。
詳細は相談の際にお尋ねください。
*一定の資力要件を満たした場合には、日本司法支援センターから立替払い受ける制度も利用できますので、お金が無いので弁護士を頼めないと思わずに、まずはご相談してください。

債務整理等

1.任意整理

ア)着手金
    債権者1社から2社の場合 5万2500円
    債権者3社以上の場合   2万1000円×債権者数
イ)報酬金
    1債権者につき2万1000円

*過払請求がある場合には、上記額に過払金額の21%相当額(任意の交渉の場合)ないし25.2%相当額(訴訟等)を加えた額

2.破産・個人再生

債務金額及び債権者数によって着手金及び報酬金に変動があるため、詳しくは相談の際にお聞きください。
*一定の資力要件を満たした場合には、日本司法支援センターから立替払い受ける制度も利用できますので、お金が無いので弁護士を頼めないと思わずに、まずはご相談してください。

刑事事件

1.着手金  30万円
2.報酬金  20万円
メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ